米貿易赤字:7月は縮小、3カ月ぶり低水準-輸出増がけん引

米貿易赤字額は7月、予想以上に 縮小し、3カ月ぶり低水準となった。

米商務省が発表した7月の貿易収支統計によると、財とサービス を合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は448億ド ルと、前月の516億ドル(速報値は531億ドル)から13.1%縮小し た。縮小率は2009年2月以降で最大。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想の中央値は510億ドルだった。

TDセキュリティーズの米国担当シニアストラテジスト、ミラ ン・マルレイン氏(ニューヨーク在勤)は「貿易は7-9月(第3四 半期)、経済活動にプラスの効果をもたらす可能性がある」と指摘。 「世界経済の減速は数カ月前に考えられていたほど深刻ではないとみ られ、それは心強いことだ」と続けた。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を控除 した実質財収支は453億ドルの赤字と、赤字額は前月の503億ドル から縮小し、3カ月ぶり低水準。4-6月(第2四半期)の平均 (473億ドル)も下回った。

輸出は3.6%増の1780億ドル。通信機器や民間航空機、自動車、 工業用エンジンが伸びた。資本財および自動車・同部品の輸出は過去 最高だった。

輸入は0.2%減の2228億ドル。原油輸入の減少が最大の下押し 要因。7月の輸入原油価格は平均で104.27ドルと、6月の106ド ルを下回った。数量も35万657バレルと、4月以来の低水準に落ち 込んだ。

東日本大震災で影響を受けていた日本からの部品納入の回復を 反映して、自動車部品輸入が増加したものの、原油輸入の減少で相殺 された。

ックしてご覧ください。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Alex Kowalski in Washington at +1-202-654-7372 or akowalski13@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net