グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。中国経済指標の発表を控え、ハンセン指数 が3日ぶりに値下がりした。中国当局がインフレ抑制に向け利上げに 踏み切るとの懸念が広がった。

婦人靴販売の百麗国際(1880 HK)は8.5%安。同社は経営幹 部の一部が自社株の売却を計画していると発表した。時価総額で中国 最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は1%下落、同3位の中国 農業銀行(1288 HK)は0.6%値下がり。証券時報は、中国人民銀 行(中央銀行)が今月か来月に利上げに踏み切る可能性があると報じ た。

食肉製造・販売の中国雨潤食品集団(1068 HK)は16%の大幅 安。同社製品の一部に添加剤が使用されているとの報道が嫌気された。 携帯電話サービスのチャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)も売 られた。

ハンセン指数は前日比135.18ポイント(0.7%)安の

19912.82で終了。騰落銘柄比率は上昇1に対し下落が約3。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は前日比0.4%安の10499.89で引けた。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香 港在勤)は、9日発表の中国消費者物価指数(CPI)を前に投資家 は様子見姿勢を取っていると指摘、「前日の相場上昇でいくらか利益 確定の動きが出ている。世界景気の先行きに市場参加者はなお慎重だ」 と語った。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。この6営業日で5日目の値下がりとなった。 中国人民銀行(中央銀行)がインフレ抑制に向け利上げに踏み切る可 能性があるとの懸念から、国内成長見通しが悪化した。

不動産開発の保利房地産集団(600048 CH)が下落。交通銀行 (601328 CH)を中心に金融株も値下がり。今月か来月に当局が政 策金利を引き上げる可能性があると証券時報は報じた。

産銅会社の江西銅業(600362 CH)は1.5%安、石炭会社の中 国神華能源(601088 CH)は0.9%値下がりし、商品関連株の下げ を主導。アルミニウム生産のチャルコ(中国アルミ、601600 CH) も売られた。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「金融緩 和の兆候はない」とした上で、「豚肉など商品価格の上昇を踏まえる と、8月に低下したインフレ率は再び上昇する可能性がある」と語っ た。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比17.15ポイント(0.7%)安の2498.94。 上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.8%安の

2756.11。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のセンセックス30種指数は1カ月 ぶり高値となった。インド準備銀行(RBI、中央銀行)が来週の政 策決定会合で一連の利上げを休止するとの観測に加え、欧州の債務危 機が和らぐとの楽観を背景に買われた。

製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズが上昇。コレステロール 降下剤「リピトール」のジェネリック製品(後発医薬品)を米国市場 で予定通りに11月に発売するとの采孟会長の発言が報じられたこと が手掛かり。ソフトウエア大手のインフォシスも高い。S・D・シブ ラル最高経営責任者(CEO)が、開発プロジェクトが中止されるケ ースは出ていないと述べたことが買い材料となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比100.54ポイ ント(0.6%)高の17165.54と、先月5日以来の高値で引けた。

ランバクシー(RBXY IN)は4.1%高の506.50ルピー、イン フォシス(INFO IN)は2.1%上げ2338.45ルピーで終了した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比4.6ポイント(0.1%)高の4188.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比13.18ポイント(0.7%)高の

1846.64。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比19.36ポイント(0.3%)高の7548.37。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比24.77ポイント(0.9%)高の2856.90。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比5.22ポイ ント(0.4%)高の1469.83。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比3.49ポイント(0.3%)高の1072.21。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比3.96ポイント(0.1%)高の

4005.39。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比41.52ポイント(1%)高の

4356.73。