中国商務相:世界的に信頼感は弱まっている-開かれた投資環境が必要

中国の陳徳銘商務相は、世界的に信 頼感は弱まっており、一部の国々が直面しているソブリン債問題に対 処する手段は「極めて限られている」との認識を示した。

同相はアモイでのフォーラムで、そうした国々の雇用と消費を押 し上げ、信頼感を高めるため、世界は開放的で「利便性の高い」投資・ 貿易環境を築く必要があると語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nerys Avery at +86-10-6649-7558 or navery2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE