インドネシア中銀:政策金利を6.75%に据え置き-成長促進へ

インドネシア中央銀行は8日、政策 金利を7カ月連続で据え置いた。世界経済の回復のもたつきが懸念さ れる中で、韓国やオーストラリアの中銀も金融引き締めを控えている。

インドネシア中銀の発表によると、同行は政策金利であるレファ レンス金利を6.75%に維持した。ブルームバーグ・ニュースがエコノ ミスト10人を対象にまとめた調査では、全員が据え置きを予想してい た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE