IMF:アイルランドの11、12年の成長率見通し下方修正へ

国際通貨基金(IMF)は、2011、 12両年のアイルランドの経済成長率の見通しを下方修正する。主要 貿易相手国であるユーロ圏と米国、英国の見通しが「大幅に悪化した」 ことを理由に挙げた。

7日付のリポートでIMFは、今月の世界の経済見通しの中で、 アイルランドの今年の国内総生産(GDP)伸び率予想を0.4%に、 来年を1.5%に引き下げると明らかにした。従来はそれぞれ0.6%と

1.9%。

IMFは「輸出はこれまで力強かったが、最近の注文の減少はこ の先の鈍化を示唆している可能性がある」と指摘した。一方で、成長 減速がアイルランドの債務見通しに及ぼす影響は大きくはなく、7月 に合意された支援融資の金利引き下げによって緩和される見通しだと 説明。同国はIMFが求める11年の財政赤字目標(対GDP比

10.5%)の達成に向けた軌道にあるとしている。