ナイジェリア、外貨準備の10%を人民元で保有へ-早期実現目指す

ナイジェリア中央銀行のサヌシ総裁 は7日、外貨準備の10%を人民元で保有する目標を「できるだけ早期 に」実現する計画であることを明らかにした。

サヌシ総裁は香港でのインタビューで、中国経済の強さを考慮す れば元相場が上昇すると予想しており、次の四半期(10-12月)から 人民元を保有し始める計画だと語った。目標は1年以上前に設定した という。総裁はまた、人民元が「必然的に」準備通貨になるだろうと し、中国国外で交換性が増したことが元の魅力を高めたと付け加えた。

ナイジェリアの外貨準備は現在320億ドル(約2兆4700億円)。 米ドルが79%を占め、残りはユーロやスイス・フラン、英ポンドなど。 アジアの中銀も、拡大する外貨準備の多様化に向けて人民元を選ぶよ うになっている。フィリピンのプリシマ財務相は3日、人民元を買う ことは「賢明」だろうと話した。

サヌシ総裁は「中国に対する信頼感は、米国への信頼感欠如を意 味するわけではない」と言明。「欧米は引き続き、世界の重要な部分で あり続けるだろう。それでもやはり、中国を無視するのは現実離れし ている」と述べた。