JPモルガンなど3行、カーライルIPO幹事に-ゴールドマン外れる

米JPモルガン・チェースとシ ティグループ、クレディ・スイス・グループは、投資会社カーライ ル・グループの新規株式公開(IPO)で幹事業務を獲得した。

引き受け業務での各行の順位上昇につながる公算だ。ブルーム バーグのデータによれば、米国のIPOでJPモルガンは現在3位、 シティが4位、クレディ・スイスは8位となっている。

景気への懸念を背景に米国のIPOは低迷。ブルームバーグの データによると、ここ3カ月は延期や中止が2004年の同時期以来 のペースとなり、投資銀行の収入が圧迫されている。

キーコープのアナリスト、トム・ジャリックス氏は、投資銀行 は「今、収入を得るためならどんな曲芸でもするだろう。われわれ が耳にしているところでは、今四半期は異例なほど弱いようだ」と 話した。

選ばれた3行はフォートレス・インベストメント・グループや ブラックストーン・グループ、アポロ・グローバル・マネジメント など投資会社のIPOを手掛けた実績がある。

一方、カーライルの米証券取引委員会(SEC)への届け出に は、ブラックストーンの案件をシティとともに手掛けたモルガン・ スタンレーと、アポロおよびフォートレスの案件に参加したゴール ドマン・サックス・グループの名前は見られない。

今年の米国のIPO引き受けのランキングで現在モルガン・ス タンレーは2位。1位はバークレイズ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE