スウェーデン中銀:政策金利を2%に維持-市場混乱で利上げ取りやめ

スウェーデン中央銀行は、予定し ていた利上げを取りやめた。世界株安に加え、欧州債務危機の深刻化 が北欧一の経済大国である同国の景気回復への妨げとなっているため だ。

中銀は7日の声明で、主要政策金利のレポ金利を2%に据え置く と発表。同中銀は昨年7月以降に7回連続で利上げしていた。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、25人中24 人が金利維持を予想していた。

中銀の7月の政策決定会合以降、スウェーデン政府は経済成長と 予算見通しを下方修正し、世界各国・地域の中銀は危機対応にスタン スを戻した。ボリ財務相は先月26日、生産の半分を輸出に依存して いる同国の来年の経済成長率は1.3%と、従来の政府予測の半分以下 となるとの見通しを示した。