S&Pは米格下げ前に債券大手と会合、一部は公算強いと確信-WSJ

米格付け会社スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)の関係者は米国債の格下げの前に債券投資大手との 会合を開いており、一部の投資家は従来考えていたよりも米格下げの可 能性が強いと確信していた、と米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ)が伝えた。

WSJによると、S&Pは7月半ばに米国債の格付けを「クレジッ トウオッチ」としていたが、投資家には同社が実際に格付けを引き下げ ることに懐疑的な向きもいた。