米ヤフー株急伸、バーツCEOは電話一本で解任-身売り観測が浮上

7日の米株式市場ではヤフーが急 伸。キャロル・バーツ最高経営責任者(CEO)の解任を受けて買い が膨らんだ。バーツ氏の下でヤフーは売り上げが減少。競合相手にシ ェアを奪われたほか、アジアのパートナーとの争議に見舞われ、世界 最大のウェブ市場で成長が行き詰っていた。

バーツ氏は6日、従業員に宛てた文書で、ボストック会長から電 話で解雇を告げられたことを明らかにした。一方ヤフーは、成長活性 化を目指して戦略を見直すとし、ティム・モース最高財務責任者(C FO)が暫定CEOに就くと発表した。同社の株価は一時8.4%上 昇した。

バーツ氏(63)は2009年1月のCEO就任以降、グーグルや フェースブックにインターネットユーザーと広告収入を奪われるのを 阻止できず、投資家は不満を募らせていた。スタイフェル・ニコラウ スのアナリスト、ジョーダン・ローハン氏(ニューヨーク在勤)は、 経営陣の交代や戦略見直しは同社の身売りにつながる可能性があると の見方を示した。

ローハン氏は7日付の顧客宛てリポートで、「バーツ氏の下でど たばたを経験したヤフーの取締役会は、これまでよりも好意的に交渉 に接する可能性がある」と指摘した。ヤフーにとって最良の筋書きは プライベート・エクイティへの身売りであり、この場合1株当たり 18―20ドル程度の売却額が見込まれる。

ジェフリーズのアナリスト、ユーセフ・スクワリ氏は7日の調査 リポートで、ニューズ・コープなどメディア企業への直接売却もあり 得るとの見方を示した。