PIMCO、株式ファンド拡大へ-米ソーンバーグから3人採用

ビル・グロース氏率いる債券ファ ンドで知られる米パシフィック・インベストメント・マネジメント (PIMCO)は、株式ファンドの組成に伴い、米ソーンバーグ・イ ンベストメント・マネジメント出身の運用担当者2人とアナリスト1 人を採用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

PIMCOはまた、株式ファンドへの事業拡大で2009年12 月に採用したニール・カシュカリ氏をグローバル株式の責任者に指名 した。関係者は、人事が公式発表前だとして匿名を条件に話した。

採用されたブラッド・キンケラー氏は08年末にソーンバーグを 退社。同社のクリフ・レミリー、マット・バーデット両氏とともに、 グローバル配当株を中心とするPIMCOの戦略立ち上げに加わると いう。

カシュカリ氏を新しい投資戦略の統括者として起用して以降、P IMCOの株式ファンド運用額は40億ドル(約3091億円)に達 した。モハメド・エラリアン最高経営責任者(CEO)の下、同社は 上場投資信託(ETF)にも事業を広げ、欧州最大の保険会社で親会 社の独アリアンツからファンド販売業務を移管した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE