NY金:下落、最高値更新後に反転-スイス中銀のフラン上限設定で

ニューヨーク金先物相場は過去最 高値を更新したものの、その後は下落。スイス・フランでの損失をカ バーするための金売りが出た。

スイス中銀はフランの対ユーロ相場に1ユーロ=1.20フランの 上限を設定するとし、必要となれば「断固たる決意」でこの水準を防 衛すると表明。これを受けてスイス・フランは下落した。ドイツとフ ィンランド、オランダの財務担当相はこの日会談し、ギリシャ救済で の担保をめぐるフィンランドの要求について協議する。ゼネストが行 われているイタリアでは上院が緊縮計画について討議する。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏は電子メールで、「スイス・フランにロング(買い持 ち)ポジションを建てている投資家は金もロングにしている可能性が 高い。このため両ポジションが同時に解消されている」と指摘。スイ ス中銀の行動は『リスク志向』を促すことを示唆するが、それは金に とっては好ましくない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前営業日比3.60ドル(0.2%)安の1オンス=1873.30 ドル。一時は過去最高値の1923.70ドルを付けた。前日のフロア取 引は米国のレーバーデーの祝日で休場だった。