仏サノフィ:5%を上回る1株利益拡大を目指す-ジェンザイム買収で

フランス最大の製薬会社サノフ ィ・アベンティスは今後4年間に、通期の1株当たり利益を毎年5% 以上伸ばすとともに、合計20億ユーロ(約2180億円)のコスト削 減を目指す。

同社が電子メールで発表したところによれば、2012-15年の売 り上げは毎年少なくとも5%増加する見通しだ。1株当たり利益は収 益を上回る伸びを予想しているが、具体的な数字には触れていない。

6日の発表は、同社が今年買収したバイオ医薬品開発の米ジェン ザイムを含めた初の業績予想。ジェンザイムはサノフィのクリス・ヴ ィーバッハー最高経営責任者(CEO)が08年に就任して以降で最 大規模の買収となった。同社によれば、ジェンザイムの統合によるコ スト削減効果は7億ドルに上り、「新たなイニシアチブ」も生まれる としている。

ヴィーバッハーCEOは記者団との電話会議で、「企業活動の見 通しを示すことが求められているため、焦点は2015年へと移った」 とし、「基本的に新たな投資命題に注意を向けている。特許関連の負 の影響を乗り越えた後、サノフィを成長路線に戻すことを最重要視 したものだ」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE