インド株(終了):センセックス反発-リライアンスやマヒンドラ高い

6日のインド株式相場は上昇。指 標のセンセックス30種株価指数は一時1.4%下げた後、反発して終 了した。この日開催されるドイツとフィンランド、オランダの財務相 会合が債務危機対応を前進させるとの楽観的な見方で欧州株が高く始 まったことが好感された。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズ は4.1%上昇。国内最大のスポーツ型多目的車(SUV)メーカー、 マヒンドラ・アンド・マヒンドラは9カ月ぶり高値を付けた。

ムンバイの証券会社プラティブティ・ビニヨグのスニル・パチシ ア副社長は、「ショートカバー(買い戻し)もインド株が反発した要 因だ」と語った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比149.48ポ イント(0.9%)高の16862.81と、先月11日以来の高値で引け た。30銘柄中19銘柄が上昇した。

リライアンス(RIL IN)の終値は821.50ルピー、マヒンド ラ(MM IN)は3.7%上げ797.30ルピー。これは昨年12月7日 以来の高水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE