英HSBC:世界の経済成長率見通しを下方修正-回復「はかない夢」

英銀HSBCホールディングスは 6日、向こう2年の世界経済成長率見通しを下方修正した。いかなる 追加刺激策も効果が限られるとみている。

HSBCのスティーブン・キング、マドゥール・ジャ両氏らロン ドン在勤の同行エコノミストは顧客向けリポートで、世界の成長率を 今年2.6%、2012年は2.8%と予想した。6月時点の予測はそれ ぞれ3%と3.4%だった。米経済は「失速した」として、ユーロ圏 と米国の景気見通しも引き下げた。

両氏は「健全な景気回復は今でははかない夢だ」と記し、「先進国 はとりわけ大きく減速している。新興国では中国やインドが引き続き 支援要因となることから、もっと緩やかな鈍化にとどまっている」と 解説した。

米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)など の主要中銀は、為替市場への介入を含め非伝統的な刺激措置を追加で 実施する可能性がある一方、イングランド銀行(英中銀)は政策金利 を2012年末まで据え置くとの見方を、両氏は示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE