コメルツ銀CEO:「生きている間に」ギリシャの債務削減可能か不明

コメルツ銀行のマーティン・ブレ ッシング最高経営責任者(CEO)は6日、「われわれが生きている 間に」ギリシャが公的債務を持続可能な水準まで引き下げられるかど うかは引き続き「不透明」との見解を示した。

ブレッシングCEOはフランクフルトでの会議で、欧州各国が 2030年までに公的債務を対国内総生産(GDP)比で60%以下に 削減できるかを試算するモデルを用いて発言した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Aaron Kirchfeld at +49-69-92041-145 or akirchfeld@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE