中国の大公国際、海外の格付け各社との協力探る-欧米勢に対抗

中国の格付け会社、大公国際資 信評価は、国際的な競争力強化を狙い、世界の3大格付け会社と競 合する海外の格付け各社との協力を目指している。

北京に本社を置く大公国際の国際部門で副ゼネラルマネジャー を務めるチェン・チアリン氏は電話インタビューで、同社が今年こ うした方針をまとめたことを明らかにした上で、協力の在り方に関 する選択肢については引き続き協議していると述べた。同社の設立 は1994年。

韓国の格付け会社、NICEインベスターズ・サービスのプラ ンニング部ゼネラルマネジャーのピ・ギョンウォン氏によれば、同 社は大公国際と話し合いを進めている1社。

こうした取り組みは、大公国際がスタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)とムーディーズ・インベスターズ・サービス、フィ ッチ・レーティングスという世界3大格付け会社に対抗しようとし ていることを示している。S&Pなど3社は、2007-08年に崩壊状 態となった米住宅ローン関連証券に最上級格付けを付与していたこ とで批判を受けた。

NICEのピ氏は電話インタビューで、「3大格付け会社がウ ォール街の利益を代表すると考えられていることから、大公国際の アイデア自体は良く望ましいものだ」と指摘、「新興国、特にアジ アの新興国は不利な状況に置かれていると感じており、投資家にと って判断に際しより多様な情報を得ることができるのは良いことだ ろう」と述べた。

--Victoria Ruan, with assistance from Eunkyung Seo in Seoul. Editors: Chris Anstey, Ken McCallum

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Ruan in Beijing at +86-10-6649-7570 or vruan1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net