野田首相:円高、デフレ対策に万全期すよう訓示-各省事務次官に

野田佳彦首相は6日午後、官邸での 各省事務次官に対する訓示で、東京電力福島第一原子力発電所事故の 収束を含めた東日本大震災からの復興と並ぶ課題として円高、デフレ 対策に万全を期して取り組む決意を強調した。

首相は原発事故への対応について「収束に向けて全力を尽くすと ともに除染の問題、あるいは妊婦やお子さんたちの健康管理の問題 等々、たくさんの課題がある。そして第3次補正予算の編成に当たら なければならない。この点についてまずは皆さんにしっかりと対応を お願いしたい」と指摘。その上で、「もう一つの危機は世界経済におけ る将来に対する不安が広がっているということだ。当面私たちは円高、 デフレ対策に万全を期していかなければいけない」と語った。

政治家と官僚の関係については「政治家は最終的には結果責任を 負う。やるべきことをやらなかった場合には政権を降りなければいけ ない、選挙に負けるかもしれない。その重たい責任を自覚し、皆さん には存分に力を発揮してもらい、結果は私たちが受け止める。その覚 悟を持ってこの政権の運営に当たっていきたい」との認識を示した。

また、「選挙を意識するとどうしてもポピュリズムに陥って、いい 結果を出したいという気持ち、つらいことは先送りしようというそう いう傾向があったように思う。私どもの政権はやるべきことはやると いう姿勢を貫徹していきたい」とも語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE