ナイジェリア中銀総裁:外貨準備の5-10%人民元で保有へ-CNBC

ナイジェリア中央銀行は外貨準備の 分散化を図っており、同準備の5-10%相当を人民元で保有する計画 だ。同中銀のサヌシ総裁が明らかにした。

同総裁は5日放映された米経済専門局CNBCとのインタビュー で、ドルとユーロは外貨準備高330億ドル(約2兆5400億円)のうち、 引き続き重要な部分を占めると指摘。

その上で、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) による先月の米国債格下げや欧州金融市場の混乱で「外貨準備の少な くとも一部をドルやユーロから他に移し、将来を見据え始める必要性 が高まった」と述べた。さらに、米国は非常に重要な経済大国であり 続けるものの、「よりうまく管理され、より強固なファンダメンタルズ (基礎的諸条件)を持つとみられる」中国に関心を持つ国が増えるだ ろうと語った。

ナイジェリアはアフリカ最大の原油生産国で、歳入の80%以上と 外貨収入の95%を原油輸出に依存している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE