米KKRと中国の遠洋地産、中国での不動産投資ファンド設立で合意

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社KKRと中国の不動産開発会社、遠洋地産はそれ ぞれ7000万ドル(約53億8500万円)を投じて、中国で不動産投資フ ァンドを設立することで合意した。

香港証券取引所への5日付の届け出によれば、同ファンドは遠洋 地産が中国北東部の大連市で建設中の不動産プロジェクトに純額で 6430万ドルを投資するという。

KKRのマネジャーらは先月の電話会議で、同社が不動産と中国 チームの規模を拡大していることを明らかにしていた。遠洋地産は国 際投資ファンドとの協力は戦略の一環だと説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Joshua Fellman at +1-212-617-8042 or jfellman@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE