EU、危機対応でリスボン条約の改正が必要となる公算も-ドイツ紙

欧州連合(EU)が一段の経済統 合を推進するための法的根拠を得るにはリスボン条約の改正が必要と なる可能性がある。ドイツ紙ハンデルスブラットがシャバン独教育・ 研究相とのインタビューを基に報じた。

同相は、EUには拘束力のある共通政策を策定するための超国家 的な「経済政府」を設立する必要があるかもしれず、そのような措置 はEUの条約で裏付けられなければならないだろうと指摘したという。

リスボン条約は2009年に発効し、拡大EUに対する憲法上の根 拠を与えている。