【香港・注目株】江西銅業、香港上場の中国株、チャイナ・テレコム

香港株式市場の主な注目銘柄は以下 の通り。株価と株価指数は2日の終値。ハンセン指数は1.8%安の

20212.91。ハンセン中国企業株(H株)指数は2.4%安の10664.45。

鉱業株:2日のロンドン金属取引所(LME)のLMEX指数は、 前日比1%低下。8月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比変 わらずとなったことを嫌気し、続落して終了した。

中国最大の産銅会社、江西銅業(358 HK)の株価は3.9%安の21.95 香港ドル。アルミニウム生産で国内最大手の上場部門、チャルコ(中 国アルミ、2600 HK)は4.9%安の5.10香港ドル。

香港上場の中国株:ソシエテ・ジェネラルは、中国が金融引き締 めを停止するとの見通しを踏まえて、香港上場の中国株の投資判断を 「オーバーウエート」に引き上げた。同行は1月以降、「アンダーウエ ート」とするよう投資家に勧めていた。

中国の通信機器メーカー、ZTE(中興通訊、763 HK)は6.2% 安の21.15香港ドル。石炭会社の中国中煤能源(1898 HK)は3.6%安。 両社はともにH株指数の構成銘柄。

チャイナ・テレコム(中国電信、728 HK):中国の固定電話最大手 チャイナ・テレコムは、英国での携帯電話サービスの提供に向けて、 同国の通信各社とネットワークのリースに関する交渉を進めているも ようだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。株価は1.2%安。