IMF専務理事:欧州と米はリセッション回避のため成長刺激策検討を

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事はリセッション(景気後退)を回避するため、欧州と米国が景 気刺激策を検討するよう要請した。

同専務理事は独誌シュピーゲルとのインタビューで、「負のスパイ ラルの脅威を避けるために対策を取ることが必要だ」と指摘。「各国政 府と国際機関、中銀が協力すれば、われわれはリセッションを回避する だろう」と述べた。

同専務理事はドイツは輸出への依存を軽減し、近隣諸国を助けるた めに内需促進が可能だと指摘した。専務理事はまた、欧州の銀行に対し て自己資本の増強を求めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE