伊外相:ECBはイタリアとスペインの国債購入停止しないだろう

イタリアのフラティニ外相は、市場 での資金調達コストの軽減を目的に欧州中央銀行(ECB)がイタリア とスペインの国債購入を継続するだろうとの見解を明らかにした。

同相は同国チェルノビオで記者団に対し、「われわれはECBによ る継続を主張する」と述べた。同相はECBの国債購入が「イタリアや スペインなどの国々の努力を支援する非常に賢明な政策だ。ECBの購 入停止を許さない」と言明した。

同相はまた、2013年までの予算均衡を盛り込んだ政府提案の財政緊 縮策を議会が早期に承認することで「市場は安心しよう」と語った。同 相は上院が恐らく来週末までに可決し、その翌週に下院が続くだろうと 述べ、予算の削減目標を縮小しようとする動きはないと指摘した。