米ネットフリックス株が下落-映画サービスの契約更新交渉打ち切りで

ケーブルテレビ向け有料放送ネッ トワークの米スターツは、オンライン映画サービスなどを手掛ける 米ネットフリックスとの契約更新交渉を打ち切ったと発表した。映 画のオンラインサービスに関する条件で合意に達しなかったという。 1日の米株式市場でネットフリックス株は下落した。

スターツは資産家ジョン・マローン氏率いる米リバティ・メデ ィアが経営権を握っている。スターツは同日、「当社ブランドの高い 品質を守る」ために決定したと発表した。

契約が予定通り来年2月28日で切れた場合、ネットフリックス はソニー・ピクチャーズエンタテインメントやウォルト・ディズニ ーの映画にオンラインでアクセスする権利を完全に失う。ウェドブ ッシュ・セキュリティーズのアナリスト、マイケル・パッチャー氏 は、スターツのサービスがなければ、ネットフリックスは現在の契 約者数2500万人の最大15%を失う可能性があると指摘した。

ナスダック市場で取引されるネットフリックス株の通常取引の 終値は前日比1.74ドル安の233.27ドル。交渉打ち切り発表後の時 間外取引では、同20.02ドル(8.6%)安の213.25ドルに下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE