パナソニック:LCDは戦略的事業、今後も継続する-欧州部門CEO

パナソニックは、ソニーと東芝、日 立製作所の3社が韓国や台湾メーカーとの競争激化の中で中小型液晶 パネル事業を統合し新会社を設立することで基本合意した後でも、液 晶表示装置(LCD)事業を続ける計画だ。

パナソニックヨーロッパのローラン・アバディ最高経営責任者(C EO)は1日、ベルリンでインタビューに応じ、LCDは「厳しいビ ジネスだが、戦略的事業だ」と指摘。「当社は生産を効率化し、将来の 成長に備えるため、LCDの製造に投資してきたが、他社の一部はそ れをしなかった」と語った。

同CEOはまた、同社は2018年までに欧州で省エネ家電など環境 関連商品の売り上げを全体の60-70%にすることを目指すと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE