8月の米雇用者数の予想、2万5000人増に下方修正-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グル ープのエコノミストは、8月の米雇用者数の予想を2万5000人増に 引き下げた。最近の雇用ペース減速を受けたもの。

同社は米雇用者数の予想を従来の5万人増から下方修正。失業率 予想は9.1%に据え置いた。

ジャン・ハッチウス氏ら同社のエコノミストは1日、顧客向けの リポートで「7月下旬から8月にかけて雇用低迷の証拠が重なったこ とが主な理由だ」と説明し、「足元で人員削減の発表が相次いでいる ことを懸念している」と指摘した。

同社エコノミストは雇用低迷を示す統計として、米民間調査機関 のコンファレンス・ボードによる消費者信頼感指数やオンライン求人 広告に関する8月の統計値のほか、給与明細書作成代行会社のオート マティック・データ・プロセッシング(ADP)エンプロイヤー・サ ービシズが前日発表した民間部門雇用者数、1日に米供給管理協会 (ISM)が発表した8月の製造業景況指数の雇用指数などを挙げた。

雇用者数予想を引き下げた同社と対照的に、ムーディーズ・アナ リティクスのエコノミストはこの日、予想を従来の3万人増から5 万人増に引き上げた。