トヨタ:中国当局の「死傷事故」めぐる主張について調査-広報担当

トヨタ自動車は、一部のトヨタ 車で部品に破損や不具合があり事故につながったとする中国当局の主 張について調査している。北京在勤の同社広報担当、リウ・ポン氏が 1日、述べた。

中国国家品質監督検査検疫総局は8月29日の声明で、トヨタ 車のブレーキ不具合やドライブシャフトの破損が原因で今年1-6月 (上期)に「多数の死傷事故」が起きたと指摘した。声明は、トヨタ に対しリコール(無料の回収・修理)は求めていない。

ポン氏は電話インタビューで、「問題を調査しており、事実を はっきりさせるよう試みる」と説明した。

声明は、セダン「カムリ」とスポーツ型多目的車(SUV) 「ランドクルーザー」などのトヨタ車でこうした事故があったとして いるほか、中国全土の他の業界の品質管理問題にも触れている。

--Tian Ying. Editors: Nicholas Wadhams, Chua Kong Ho

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦 Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Tian Ying in Beijing at +86-10-6649-7571 or ytian@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kae Inoue at +81-3-3201-8362 or kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE