今日の国内市況:株式は6日続伸、債券続落-円下落、リスク回避緩和

東京株式相場は6日続伸し、日経平 均株価は2週間ぶりに心理的節目の9000円台を回復。米国シカゴ地区 の製造業景況指数が予想ほど悪化せず、為替の円高や欧州財政懸念の 一服も投資家の安心感を誘った。コマツやホンダなど輸出関連、素材、 金融株中心に買われ、原料コスト改善期待の広がった鉄鋼が東証1部 の業種別上昇率で首位だった。

TOPIXの終値は前日比7.68ポイント(1%)高の778.28、 日経平均株価は105円60銭(1.2%)高の9060円80銭。日経平均終 値の9000円回復は、8月17日以来。

シカゴ購買部協会が前日発表した8月のシカゴ地区の製造業景況 指数は56.5と前月の58.8から低下し、2009年11月以来の低水準だ った。ただ、ブルームバーグが行ったエコノミスト調査の予想中央値

53.3ほどは落ち込まなかった。きのうの米株式相場は、シカゴ製造業 景況指数が好感されて続伸し、S&P500種株価指数の8日間の上昇 率は2009年以来、最大となった。

また、ドイツのメルケル政権は8月31日、救済基金である欧州金 融安定ファシリティー(EFSF)の変更案を承認した。

米景気や欧州金融問題への不安が和らぐ格好で、外国為替市場で は円が対ドルで3日ぶりの77円台と円安方向に振れた。

1日に発表された中国の8月の製造業購買担当者指数(PMI) は50.9と、7月の50.7から小幅上昇した。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミストの予想中央値51.0とほぼ変わらず。

東証1部売買代金上位では、直近上昇の目立ったグリーやレナウ ンなど内需関連の一角が安くなる一方、コマツや日産自動車、ホンダ など機械や自動車株が上げた。特にコマツは、引き続き業績は拡大期 にあるとし、JPモルガン証券が新規に投資判断を「オーバーウエー ト」としたことが上げ拡大につながった。

東証1部の業種別上昇率上位は鉄鋼、輸送用機器、食料品、不動 産、非鉄金属、機械、その他金融、証券・商品先物取引など。鉄鋼に ついては、大手4社が2012年3月期に負担する鉄鉱石などの原料コス トが7月末時点の想定より2000億円近く軽減しそう、と1日付の日本 経済新聞朝刊が報じている。半面、パルプ・紙、石油・石炭製品、サ ービス、電気・ガスなどは安い。

東証1部の売買高は概算で17億507万株、売買代金は同1兆1628 億円。米国時間1日に8月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指 数の発表を控え、売買代金は過去半年の1日当たり平均1兆3600億円 を下回るなど盛り上がりに欠けた。値上がり銘柄数は1015、値下がり は504。

債券は続落

債券相場は続落。株式市場で日経平均株価が6営業日続伸して 9000円台に乗せたことを警戒して売りが優勢となり、先物は約3週間 ぶり安値圏まで下げた。一方、この日実施された10年利付国債入札は 順調な結果との声が聞かれた。

東京先物市場で中心限月9月物は、前日比6銭安の142円35銭で 開始。日経平均株価が6日続伸して、8月半ば以来の9000円台を回復 して始まったことなどから、直後に売りが膨らむと142円10銭台まで 水準を切り下げた。午後に入ると一段安となり、一時は142円04銭と 8月12日以来の安値を記録。結局は28銭安の142円13銭で引けた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の316回債利回 りは前日比0.5bp高い1.035%で始まった。その後は、徐々に水準を 切り上げ、午後1時半過ぎには2bp高い1.05%と8月29日以来の高 水準を付けた。その後は1.045-1.05%で推移している。

中期債も下落。5年物の98回債利回りは2bp高い0.36%まで上 昇し、新発5年債利回りとしては8月1日以来の高い水準を付けた。

財務省がこの日実施した表面利率1.1%の10年利付国債(317回 債)の入札結果によると、最低落札価格は100円13銭、平均落札価格 は100円14銭となった。最低価格は事前予想の100円11銭を上回っ た。小さければ好調とされるテール(最低と平均価格との差)は1銭 と、2009年10月以来の水準に縮小。応札倍率は2.97倍と、前回の3.07 倍をやや下回った。

円が下落

東京外国為替市場では円が下落。対ドルでは1ドル=76円台後半 を中心に推移し、一時は77円台前半まで水準を切り下げる場面が見ら れた。足元の米経済指標の内容を受けて景気の悲観論が緩和しており、 内外の株高を背景にリスク回避に伴う円買い圧力が後退した。

円は午後3時50分現在、主要16通貨中15通貨に対して前日終値 比で下落している。ドル・円相場は午前の取引で朝方に付けた77円 58銭を円の上値に一時77円24銭と4営業日ぶりの水準まで円安が進 行。午後にかけては主要な米経済指標の発表を控えて円売りの勢いが 鈍り、76円台後半に値を戻して推移した。同時刻現在は76円85銭前 後。円は対ユーロでも午前に一時1ユーロ=110円95銭と、2営業日 ぶりの安値を付け、午後は110円台前半で推移した。

前日の米株式相場は景気に対する楽観的な見方を背景に続伸。株 価の予想変動率の指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE) のボラティリティ指数(VIX指数)は8月17日以来の水準に低下し ている。

シカゴ購買部協会が31日に発表した8月のシカゴ地区の製造業 景況指数と、7月の製造業受注額が市場の予想を上回った。

来週8日には米国のオバマ大統領が上下両院合同会議で雇用対策 に関する演説を行う。また、ガイトナー財務長官は1日の午前に経済 や雇用問題を議論するため、地区連銀のCEOグループと会合を開く ほか、同日午後には大統領とも会談するという。

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッ シング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが31日に発表した給与 名簿に基づく集計調査によると、8月の米民間部門の雇用者数は前月 比で9万1000人増加した。雇用の伸びは前月の10万9000人増(速報 値の11万4000人増から下方修正)から鈍化し、ブルームバーグ・ニ ュースがまとめた10万人増を下回った。