【中国・注目株】工商銀、建設銀、万科企業、保利房地産

中国株式市場の主な注目銘柄は以 下の通り。株価と株価指数は8月31日の終値。上海総合指数はほぼ 変わらずの2567.34。CSI300指数は0.2%高の2846.78。

銀行株:中国の温家宝首相は、同国の最優先課題は物価の安定 であり、政府は経済政策の方向性の変更を計画していないと述べた。 中国共産党の「求是」誌に寄稿した。温首相はまた、国内経済の減 速は想定内で「妥当」であるとの認識を示した。

時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(601398 CH)の株価 は1%高の4.14元。中国建設銀行(601939 CH)は1.1%高の4.59 元。

不動産株:毎日経済新聞は1日、中国民生銀行や興業銀行など の銀行が、資金繰りのひっ迫から北京での住宅ローン供与を停止し たと報じた。複数の銀行関係者の話を基に伝えた。

中国の不動産開発会社、万科企業(000002 CH)は0.1%高の8.15 元。同業の保利房地産集団(600048 CH)は0.6%高の10.98元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE