中国、鉱物資源の輸出制限に関するWTO認定で上訴

中国商務省は31日、同国の鉱物資 源の輸出制限に対して世界貿易機関(WTO)紛争処理委員会(パネ ル)が下した協定違反との判断を不服として紛争処理機関に上訴した。 これら鉱物資源はコークスや亜鉛、マグネシウムなどから成る9品目。

同省はウェブサイトに掲載した声明で、WTOのパネルが下した 認定の一部を取り消すよう求めた。どの部分の取り消しを請求したか には言及していない。WTOは7月5日にパネル報告で、ボーキサイ トを含む鉱物資源9品目に対する同国の輸出制限がWTO協定に違反 し、同国の製造業に不当な優位性を与えているとの判断を下した。

中国は天然資源の保全ならびに過剰生産と溶鉱炉からの炭素と硫 黄ガスの排出を抑制する上で、輸出規制は不可欠だと主張している。

--Penny Peng, Editors: Andrew Hobbs, Bloomberg News

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Editor:Yoshito Okubo 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Penny Peng in Beijing at +86-10-6649-7719 or ppeng18@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Andrew Hobbs at +61-2-9777-8642 or ahobbs4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE