コンテンツにスキップする

米債務上限引き上げの枠組みで合意-ホワイトハウスは最終合意まだ

オバマ米大統領と議会指導者は、米 国のデフォルト(債務不履行)の期限の2日前に債務上限引き上げの枠 組みが浮上する中で、同問題での合意に向けた新たな取り組みを開始し た。

交渉に詳しい関係者が30日明らかにしたところによると、ホワイト ハウスと議会共和党は14兆3000億ドルの債務上限の引き上げに関する合 意の枠組みを打ち出した。同合意が実現すれば、2012年の米大統領選挙 後まで、米政府の借り入れ権限が維持される。

暫定的な枠組みは1兆ドルの歳出削減を直ちに実施した後、今年中 に最高1兆8000億ドルの追加削減を勧告するための特別委員会を創設す る内容。

同関係者によると、特別委は11月の感謝祭の議会休会入り前に行動 し、議会は12月末までに勧告を承認する必要があり、実現しなければ、 国防やメディケア(高齢者医療保険制度)を含めて、米政府は自動的に 全面的な歳出削減に直面することになる。

交渉に詳しいホワイトハウスの当局者は枠組みが30日夜に浮上した との報道の後で、同交渉の参加者は最終的な合意に達しておらず、交渉 は継続中だと語った。

共和党は増税を盛り込んだいかなる合意も同党が多数を占める下院 を通過しないと主張していたが、同案には歳入増は含まれていない。

リード民主党上院院内総務は30日、「民主、共和両党の分別のある 人たちが合意に達することができると確信している」と語った。

マコネル共和党上院院内総務もリード氏に先立って、「これまでよ り楽観的だ」と発言。ベイナー下院議長も合意が達成可能だと自信を示 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE