コンテンツにスキップする

米セントルイス連銀総裁:債務問題解決なら、成長への道開かれる公算

米セントルイス連銀のブラー ド総裁は、連邦債務上限をめぐる問題が解決すれば、経済成長を抑 制している主な不透明要因が取り除かれる可能性があるとの認識を 示した。

総裁は29日、ワイオミング州ジャクソンホールで講演。事前 原稿によれば、「この最後の不透明要因が解決すれば、成長加速に 向けた道が開かれる可能性がある」と述べた。

さらに、「議会と大統領が予算および今後予想される債務の水 準で合意に至ることが極めて重要だ」とし、「米国の財政基盤を強 化し、マクロ経済の先行きに覆いかぶさる不透明感を取り除く好機 が存在する」と続けた。

-- With assistance from Jillian Berman in Washington. Editors: Kevin Costelloe, Carlos Torres

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Joshua Zumbrun in Washington at +1-202-624-1984 or jzumbrun@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE