コンテンツにスキップする

7月29日の欧州マーケットサマリー:英独債が続伸、米債から資金逃避

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4372 1.4334 ドル/円 77.18 77.67 ユーロ/円 110.92 111.34

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 265.25 -1.83 -.7% 英FT100 5,815.19 -58.02 -1.0% 独DAX 7,158.77 -31.29 -.4% 仏CAC40 3,672.77 -39.89 -1.1%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.16% -.08 独国債10年物 2.54% -.10 英国債10年物 2.86% -.11

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,628.50 +15.00 +.92% 原油 北海ブレント 116.29 -1.07 -.91%

◎欧州株式市場

29日の欧州株式相場は下落。月間ベースでも値下がりした。米 下院が債務上限引き上げをめぐる共和党案の採決を延期したほか、第 2四半期(4-6月)の米実質国内総生産(GDP)の伸びが予想を 下回ったことに反応した。

仏水道事業会社ヴェオリア・エンバイロメントが下落。同社 は事業再編計画を明らかにしたほか、通期の利益目標を達成できな いとの見通しを示したのが嫌気された。スチールコードメーカーの ベルギー企業べカルトは大幅安。同社の上期利益はアナリスト予想 を下回った。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%安の265.25。週間 ベースでは2.5%下落となった。月間ベースは2.8%安。欧州ソ ブリン債危機が景気回復を損ねるとの観測や米議会が来週期限を迎 える債務の上限引き上げ交渉で合意を見いだせないとの懸念が背景 にある。

スイスのSAMサステナブル・アセット・マネジメントで10 億ドル超を運用するカイ・ファシンガー氏は、「経済統計の内容に は失望した。米国が第2次リセッション(景気後退)のリスクなく して大幅な歳出削減は見込めないことが示唆された」と述べ、「消 費の弱さを示す統計は米消費者に広がる強い不透明感を反映してい る」と続けた。

米商務省が発表した第2四半期の実質GDP速報値は前期比 年率1.3%増だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミストの予想中央値は1.8%増。個人消費は0.1%増だった。 第1四半期は0.4%増と、前回発表時の1.9%増から大きく下方 修正された。

ヴェオリアは9.5%安。同社は事業再編計画や純利益の伸び 率が今年の目標に達しないとの予測の理由に、南欧や北アフリカ、 米国での事業不振を挙げた。

ベカルトは12%安と、1998年以来で最大の下げだった。

◎欧州債券市場

29日の欧州債市場ではドイツ国債相場が6営業日続伸。昨年11 月以来最長の上げ局面となった。米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスが信用格付けを引き下げる可能性を指摘したスペ インでは、サパテロ首相が総選挙前倒しを発表した。

ドイツ国債の利回りはこの1週間で、2008年12月19日終了 週以来の大幅低下となった。投資家は米国債から資金を逃避させてい る。この日発表された第2四半期(4-6月)の米経済成長率は市場 予想を下回った。また米共和党のベイナー下院議長は前日、連邦債務 上限引き上げで自身が提案した法案の採決を見送った。このため、米 議会での交渉行き詰まりとデフォルト(債務不履行)リスクが相変わ らず懸念されている。

コメルツ銀行(フランクフルト)の債券ストラテジー責任者、ク リストフ・リーガー氏は、スペイン格下げの脅威と「米国からのニュ ース、そして月末需要が相まってドイツ国債相場は週末に向け支えら れるはずだ」と説明。ただ、スペインの格下げは実施されても1段階 を超えるものではないことから同国債への「悪影響は限られる」との 見方を示した。

ロンドン時間午後4時39分現在、ドイツ10年債利回りは9ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.54%。同国債 (表面利率3.25%、2021年7月償還)の価格は0.84上げて

106.145。2年債利回りは8bp下げて1.16%。

スペイン10年債は3日続落し、利回りは5bp上昇の6.08% となった。一時は6.15%に達した。ドイツ国債に対する利回り上乗 せ幅(スプレッド)は14bp拡大して354bp。

ムーディーズはこの日、スペインに付与している「Aa2」格付 けを引き下げ方向で見直すと発表。イタリアも同等の格付けだが、こ れについてもムーディーズは見直しを進めている。スペインのサパテ ロ首相はこの日、総選挙を11月20日に前倒し実施すると言明した。

イタリアではベルルスコーニ首相が上院での投票で信任を勝ち取 った。裁判の期間に関する法案の承認を目指す政権の信任を問われた 上院は賛成160、反対139で支持を表明した。

イタリア10年債利回りは前日比5bp上昇の5.88%。ドイツ 国債に対するスプレッドは14bp拡大の333bp。

◎英国債市場

29日の英国債相場は上昇。英消費者信頼感が低下し、イングラ ンド銀行(英中央銀行)は利上げを先送りするとの見方が強まったほ か、米議会が債務上限引き上げで合意できないとの懸念から比較的安 全な資産に資金を逃避させる動きが強まった。

10年債利回りは過去最低まで8ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)に迫った。今月は昨年8月以来で最大の低下となって いる。英調査会社GfK・NOPのこの日の発表によると、7月の英 消費者信頼感指数は5ポイント低下しマイナス30。

RBCキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、サム・ヒ ル氏は「最近の弱いデータと米債務上限についての決定の遅れが市場 参加者をいらいらさせている」と話し、過去最低に近い英10年債利 回りについては「ユーロ圏と米国での事態を前に、英国債が安全な逃 避先として存在感を強めていることを示している」と説明した。

10年債利回りはロンドン時間午後4時18分現在、前日比10b p低下し2.87%。過去最低は2010年8月25日に記録した

2.79%。同国債(20年9月償還、表面利率3.75%)の価格は

0.79上げて107.01。2年債利回りは3bp下げ0.64%となった。 先週末からは7bpの低下。

英国債のパフォーマンスは今月、米国やドイツの国債を上回った。 ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS)がま とめた指数によると、英国債の今月のリターン(投資収益率)はプラ ス2.8%。これに対し、ドイツ国債と米国債はそれぞれ2.6%と

1.2%。

##

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE