コンテンツにスキップする

アトランタ連銀総裁:債務問題の打撃、FRBに修復求めるのは不適切

米アトランタ連銀のロックハー ト総裁は、連邦債務上限が引き上げられずに経済がダメージを受けた としても、連邦準備制度理事会(FRB)にはそれを修復できない可 能性があるとの見解を示した。

総裁は米経済専門局CNBCのインタビューで、「経済がダメー ジを被る可能性はあるが、そのダメージの低減をFRBに求めるべき ではない」と言明。「とにかく債務上限の引き上げ交渉をまとめるこ とが必須だ。市場がどう反応するかについて憶測を述べるのは控えた い」と続けた。

このほか金融当局の政策については「非常に緩和的なスタンスだ」 と指摘。追加緩和の必要性に関する質問には、「基準は非常に高い。 私は可能性を完全に排除してはいないが、実施するための基準は非常 に高い」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE