コンテンツにスキップする

もっと深刻だった米景気後退-GDP改訂幅はアイルランド経済並み

米国の2007-09年のリセッショ ン(景気後退)はこれまでの想定よりも深刻だったことが、実質国内総 生産(GDP)の年次改訂で示された。それによると、景気回復は昨年 を通じて勢いを失い、今年に入って失速した。暗い状況を映した改訂デ ータを受け、米経済成長見通しに関する懸念が強まる可能性がある。

米商務省が29日に発表した同改訂によると、07年第4四半期(10 -12月)から09年第2四半期(4-6月)のGDPは5.1%縮小した。 これまでの発表は4.1%減少だった。戦後2番目に悪いGDPの縮小幅 は1957-58年の3.7%。

今年第2四半期(4-6月)のGDP速報値は前期比年率1.3%増 だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央 値は1.8%増。第1四半期は0.4%増に修正された。第2四半期GDP は13兆2700億ドル(約1000兆円)と、リセッション以前の最高水準 を下回っている。

09年第4四半期までのGDPはこれまでの発表から2055億ドル下 方修正された。改訂幅はアイルランド経済の規模に相当する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE