コンテンツにスキップする

スペイン首相:総選挙11月20日に前倒し-格下げリスクに対処(1)

スペインのサパテロ首相は29日、 総選挙を前倒しし、11月20日に実施すると発表した。与党・社会労 働党は財政緊縮策で支持率が低下しているが、政権は財政赤字を管理で きると投資家に納得させなくてはならない。

サパテロ首相はマドリードでの会見で、総選挙を来年3月から前倒 しすると述べたほか、ユーロ圏4位の経済規模を持つスペインは財政目 標達成に向け「一段の努力をする」と宣言した。

首相は「選挙日について今日発表する決定をしたのは、向こう数カ 月の政治・経済状況を明確にするためだ」と語った。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスはこの日、 スペインに付与している「Aa2」格付けを引き下げ方向で見直すと発 表している。

----With assistance from Tony Czuczka and Patrick Donahue in Berlin and Paul Dobson in London. Editors: Alan Crawford, Craig Stirling

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE