コンテンツにスキップする

中国株(午後):下落、米債務問題を嫌気-今週は2カ月ぶり大幅安

中国株式相場は下落。上海総合 指数は今週、週間ベースで2カ月ぶりの大幅安となった。米下院が連 邦債務上限に関する法案採決を延期したのを受け、デフォルト(債務 不履行)の可能性に対する懸念が強まった。

ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)を中心に資源株が下落。 原油先物相場は週間ベースで5週ぶりの下げに向かっている。中国鉄 建(601186 CH)は上場来安値に下落。中国鉄道省が地方鉄道への投 資を引き揚げる計画との中国紙、21世紀経済報道の報道が嫌気された。 中国神華能源(601088 CH)も安い

一方、銀行株は上昇。中信銀行(Citic銀行、601998 CH) は7.8%高。中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行の預金準備率を引 き下げる可能性があるとの観測が好感された。中国工商銀行(601398 CH)も買われた。

中原証券のストラテジスト、李俊氏(上海在勤)は「今は債務リ スクが投資家にとって最大の関心事だ」と説明。米債務上限協議が決 着するまでは「米国のデフォルト(債務不履行)の可能性をめぐる不 透明感が、世界の株式相場を抑え続ける」と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比7.05ポイント(0.3%)安の2701.73。今週 の騰落率はマイナス2.5%と、週間ベースで5月27日終了週以来の 大幅安となった。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数 は前日比0.3%安の2972.08。今週の騰落率はマイナス3.1%。

--Irene Shen. With assistance from Victoria Ruan. Editors: Allen Wan, Richard Frost

--* 参考画面:翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 or hshibata@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE