コンテンツにスキップする

米マクドナルド:中国での新規開店を加速-4年以内に1日1店舗に

外食産業最大手の米マクドナル ドは、給与の増加でファストフードへの出費が増える中国で「1日 1店舗」の新規開店を目指す意向を明らかにした。「KFC」など の外食店チェーンを運営する米ヤム・ブランズの牙城を崩したい考 えだ。

同社アジア地域(日本とオーストラリア、ニュージーランドを 除く)担当のピーター・ロドウェル社長は29日、シンガポールで行 ったインタビューで、「当社は向こう3-4年の間に1日1店舗の 新規開店を行うべきだ」と指摘。「現在は2日に1店舗の割合で開 店している」と説明した。

マクドナルドは中国の店舗数を現在の1300から2013年までに 2000に増やす目標を掲げており、同国のフランチャイズ店舗数は、 6年以内に会社全体の最大2割を占めるようになるとロドウェル社 長は見込んでいる。同社ウェブサイトによると、世界では同社店舗 の75%強がフランチャイズ加盟店だが、上海在勤の広報担当者、ビ ビアン・ツァン氏によると、中国ではその数は6店舗にとどまって いる。

ロドウェル社長は別途行ったブルームバーグテレビジョンとの インタビューで、中国で「今後5-6年以内に15-20%程度がフラ ンチャイズ形式になる見込みだ」と述べた。

同社は先に、中国で今年5万人を新規採用する計画を明らかに している。同社の香港在勤広報担当、リアム・ジョリー氏は、各新 店舗で約60人の人員が必要となることから、同国で年間に最低1万 人の雇用を創出する公算があると説明した。

英調査会社ユーロモニター・インターナショナルによると、中 国のファストフードチェーンの昨年の総売上高は前年比12%増の 600億元(約7200億円)。ヤムの市場シェアは40%と、マクドナ ルドの16%を上回っている。

--Rishaad Salamat, Andrea Tan and Michael Wei. With assistance from Vianne Fung and Frank Longid in Hong Kong. Editors: Michael Tighe, Subramaniam Sharma

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Wei in Shanghai at +86-21-6104-3044 or mwei13@bloomberg.net; Andrea Tan in Singapore at +65-6212-1325 or atan17@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE