コンテンツにスキップする

住友化株が一段高、石化製品改善や海外農薬伸び上期営業利益を増額

総合化学メーカーの住友化学株が午 後の取引で一時、前日比3.4%高の399円まで一段高。石油化学製品の交 易条件改善や海外での農薬出荷の増加、経費削減の効果で円高の悪影響 をこなし、4-9月期(上期)の連結営業利益は500億円と従来予想 の350億円を43%上回る見込み、と午後1時に発表した。前年同期比で は5.7%減と減益率が縮小するもようで、採算改善を評価する買いが優 勢となった。純利益予想については、関係会社に係るのれん相当額の一 部償却による特別損失計上で、従来予想の220億円に対しゼロに修正。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE