コンテンツにスキップする

米ニューズに対するFBI捜査、連邦検察当局が加わる-弁護士

米メディア企業ニューズ・コープ の国内マーケティング部門がライバル会社フロアグラフィクスのパス ワードで保護されたウェブサイトに不正侵入した疑いをめぐる米連邦 捜査局(FBI)の捜査に、ニューヨーク市マンハッタンの連邦検察 当局が加わった。フロアグラフィクスの弁護士が明らかにした。

法律事務所ボイズ・シラー・アンド・フレクスナーのウィリアム・ アイザークソン弁護士は、FBIによる同弁護士への18日の審問にマ ンハッタン検察当局者2人が加わったことを明らかにした。同弁護士 は、フロアグラフィクスがニューズ・コープの米マーケティング部門 ニューズ・アメリカ・マーケティング・インストア・サービシズを相 手取り2009年に起こした民事訴訟で、原告側の代理人を務めた。

この訴訟でフロアグラフィクスは、同社のウェブサイトにニュー ズ・アメリカの複数の従業員が03-04年に不正侵入したと主張してい た。訴訟は両社の合意に基づき取り下げられている。

アイザークソン弁護士は28日、電話インタビューに対し「検察当 局者はこの案件の詳細について把握したい考えだった」と述べた。

ニューズ・コープは現在、英大衆紙ニューズ・オブ・ザ・ワール ド(廃刊)の電話盗聴問題をめぐり、警察と監督当局による計3件の 調査・捜査に関っている。これまでにニューズ・コープ傘下ニューズ・ インターナショナルのレベッカ・ブルックス前最高経営責任者(CE O)を含む少なくとも10人が逮捕された。

マンハッタン連邦地検のプリート・バーララ検事正のエレン・デ ービス報道官は、連邦捜査に関するコメントを控えた。ニューズ・ア メリカの広報担当スザンヌ・ハルピン氏も、マンハッタン検察当局の 関与ついてコメントをしていない。FBIのティム・フラネリー報道 官はFBIの捜査に関するコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE