コンテンツにスキップする

「地獄」「幻想」の反論と情報漏洩の中、量的緩和を決定-日銀議事録

日本銀行は29日午前、2001年1 -6月の金融政策決定会合の模様を一語一句記録した議事録を公開し た。日銀は同年3月の会合で、それまで一貫して否定的だった量的緩 和政策に踏み切った。メディアへの情報漏えいが相次ぐ中、「幻想」 「地獄」といった反対論を押し切る形で下された歴史的な決定。布石 となったのは、大混乱に陥った1回前の会合だった。

00年8月、政府の反対にもかかわらず、速水優総裁主導でゼロ金 利政策の解除に踏み切った日銀。IT(情報技術)バブル崩壊により 同年後半に世界的に景気が急失速し、米クリスマス商戦も不調に終わ った。翌01年は米連邦準備制度理事会(FRB)が年明け早々に緊急 会議を開き0.5%の利下げに踏み切るなど、波乱の幕開けとなった。

1月19日の会合では、短期金利の上限となる補完貸付制度導入に 向けて、議長が執行部に検討指示を与える格好で乗り切ったが、2月 9日の会合では、山口泰副総裁が「下振れリスクが増大してきている」 と述べ、新たに上限金利の役割を与えられた公定歩合を0.5%から

0.125%引き下げ、0.375%とすることを提案した。

そのさなかに飛び込んできたのが「公定歩合0.125%引き下げ」 の報道。三木利夫審議委員は「報道されてしまった以上その通りに変 更するのはとんでもない」と激怒し、下げ幅は0.15%に決まった。情 報漏えいに政府出席者は「政策委員会のメンツにかかわる」と抗議。 山口副総裁は日銀関係者の行為であることを前提に「政策委員全員で 機密の厳守をあらためて申し合わせたい」と述べざるを得なかった。

タカ派の篠塚委員が突如、緩和提案

そして2月28日。朝方発表の鉱工業生産は、早川英男調査統計局 長がショッキングと形容するほどの落ち込みとなり、株価は急落。山 口副総裁は何らかの政策対応を取ることは「意義あることではないか」 としつつも、「今具体的に提案できるだけの準備を私自身は残念ながら 持っていない」と発言。藤原作弥副総裁も対応すべきか様子見すべき か「揺れている」と述べ、執行部にも腹案がないことを露呈した。

そうした中、前回会合で公定歩合引き下げに反対し、タカ派と目 されていた篠塚英子審議委員が突如、追加緩和を提案。政策金利を維 持した上で、消費者物価指数(除く生鮮)前年比が安定的に0%以上 になるまで、長期国債買い入れを月4000億円から倍増するのが柱だっ たが、唐突な提案をきっかけとして議論に収拾がつかなくなる。

田谷禎三審議委員が政策金利の0.1%への引き下げ、中原伸之審 議委員はゼロ金利への復帰、三木委員もゼロ近傍金利への引き下げを 主張。これらの提案に対し、速水総裁は「今の経済情勢は0.25%の適 用金利を下げなければならない状況ではないと思うし、ゼロ金利は資 本主義に反する」と持論を展開し、追加緩和に反対した。

「だいぶ頭が混乱してきている」

提案が乱立する事態に、武富将審議委員は「皆さんのお話をうか がってだいぶ頭が混乱してきている」と困惑。植田和男審議委員は 「あまりにいろいろな提案が一度に出てくると、混乱しているという だけではなく、市場に対してわれわれがパニック状態にある、当事者 能力を持っていないと信頼を失ってしまうリスクがある」と批判した。

議論の迷走に危機感を抱いた執行部は昼食休憩後、山口、藤原両 副総裁が主導する形で追加緩和に傾斜する。速水総裁も前言を翻し、 「0.25%をたとえば0.1%くらい下げてみてはどうか」と提案。3つ の提案が出される中、結局、政策金利、公定歩合とも0.1%引き下げ る議長案が可決された。この会合での混乱と、速水総裁のゼロ金利に 対する拒絶反応が、次回会合での量的緩和につながっていく。

3月19日に至る1カ月半でNASDAQは35%近く下落。いよ いよITバブル崩壊の影響が世界的に強まっていた。ただ、政策委員 らは別の意味でも緊張感を漂わせていた。速水総裁が冒頭、「今まで 2回の政策変更の際に直前または前後に議事の内容めいたものが流れ た」と発言。政策委員に対し休憩時も「なるべく部屋に残っていただ きたい」と求めるなど、異様な雰囲気の中、会合はスタートした。

量的緩和という「幻想」

政策論議に入ると、輪番制でたまたま一番手となった藤原副総裁 がいきなり、①操作目標を金利から日銀当座預金に切り替える②消費 者物価指数の前年比を使った時間軸の導入③必要な場合に長期国債の 買い入れ増額-という量的緩和への大転換を提案する。

これに対し、これまで理論的支柱の役割を果たしてきた山口副総 裁は「私自身は少しここについては抵抗を持っており、それはこれま でわれわれが主張してきた政策の発想とは、少なくとも私の頭の中で は相いれない部分がある」と反論。量的緩和への転換によって「追加 的な緩和の余地が大いに生まれてくるような、ある種のイリュージョ ン(幻想)を与えることにもなりかねない」と述べる。

しかし、速水総裁は金利がゼロになってもマネーを「もっと出そ うと思ったらこれは出せる」と述べ、早々と量的緩和への支持を表明 する。それでも反対は根強く、最初は5兆円でも6兆円、7兆円と量 を拡大する事態になれば、長期国債買い入れの増額も避けられなくな る。それで景気が良くなればよいが、「ならないと地獄になる」と言う 植田委員に、武富委員も「そう、地獄だ」と呼応した。

政府代表も「弥縫策では無理」

村上誠一郎財務副大臣は日銀への政策要求を読み上げた後、10年 後まで公表されないことを確認した上で、「先ほど来、諸委員方が言 われているが、弥縫(びほう)策では無理ではないか」と発言。なお も、「まだ少し議論が尽きていない」と言う植田委員や、「われわれ はどれくらい増やす用意を持っているのかといったあたりの議論が残 っている」と言う山口副総裁らを振り切る格好で、採決は強行された。

量的緩和は06年3月まで5年間続き、当座預金残高目標は30兆 -35兆円まで拡大した。「願わくは、このようなことをしても意味が ないなと途中で納得してくれることを期待することではないか」と述 べた植田委員の思いもむなしく、日銀への緩和圧力は今も続いている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE