コンテンツにスキップする

米上院民主党は将来の歳出削減義務付けを検討-関係者

米上院民主党は将来の財政赤字削減 を保証する厳しいメカニズムを実現することで、債務上限引き上げをめ ぐるこう着状態の打開を目指している。民主党関係者が明らかにした。

米下院がベイナー議長提案の債務上限引き上げ法案の採決時間を遅 らせる中で、交渉を行っている議員らは民主、共和両党が受け入れ可能 な解決策を見いだすために努力している。

民主党関係者によれば、水面下では自動的な歳出削減や増税ないし その組み合わせでどうやって議会が将来の財政赤字削減を義務付けるか が焦点となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE