コンテンツにスキップする

SF連銀総裁:家計と企業の景況感が特に懸念される-債務問題の影響

米サンフランシスコ連銀のウィリ アムズ総裁は28日、米債務問題の影響で家計の信頼感と企業景況感が 特に懸念されるとの見解を明らかにした。

ウィリアムズ総裁はソルトレークシティーでのイベントで講演し、 米国の格付けが引き下げられても、リーマン・ブラザーズ・ホールデ ィングスの破綻がもたらしたような影響はないとみていると述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Vivien Lou Chen in San Francisco at +1-415-617-7078 or vchen1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kevin Costelloe at +1-202-624-1804 or kcostelloe@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE