コンテンツにスキップする

英国債:上昇、10年債利回り2.97%-欧米の債務懸念で資金が逃避

28日の英国債相場は上昇。欧 米の債務懸念を背景に、比較的安全とされる英資産に資金を逃避させ る動きが強まった。

10年債利回りが低下し、米10年債との利回り格差(スプレッ ド)は2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を割り込んだ。 英小売売上高指数が低下したほか、イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)メンバーのデービッド・マイルズ委員は、 インフレ抑制措置を余りにも急速に実施した場合、景気回復が失速す るリスクがあり得ると発言。これを受けて、投資家の間で利上げ観測 が後退した。

インベステック(ロンドン)のトレーダー、クリス・ハドルスト ン氏は、「米債務をめぐる状況が焦点だ。イタリアやギリシャ、アイ ルランドなどの欧州動向も注目材料となっている」と述べた。

10年債利回りは前日比2bp低下し2.97%。2年債利回りは 1bp下げ0.67%となった。

同年限の米国債に対する英10年債の利回り上乗せ幅は1.7bp と、前日から1bp縮まり、2010年4月以来の最小となった。今年 最大のスプレッドは先月8日に付けた35bp。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE