コンテンツにスキップする

三井不:4-6月純利益は44%増、賃貸・分譲が好調

国内不動産首位の三井不動産の4 -6月期の連結純利益は、前年同期比44%増の64億7000万円だっ た。主力のオフィスビル賃貸、住宅分譲事業が好調だった。

東京証券取引所で決算短信を開示した。売上高は同1.3%減の 2792億円だったが、分譲事業の営業損益は前期の赤字から黒字に転じ た。通期(2012年3月期)の連結業績予想は据え置いた。

空室率(単体オフィス・首都圏)は6月末で4.4%と3月末の

4.0%から上昇した。同日東証で会見した浅井裕史・常務執行役員はオ フィスビルについては大震災の影響はないと述べ、空室率は今後も 4%台の低水準で推移するとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE