コンテンツにスキップする

三菱UFJとのATM訴訟、東京スター銀が控訴へ-地裁判決遺憾

現金自動預払機(ATM)・現金自 動支払機(CD)相互利用契約を解消した三菱東京UFJ銀行への損害 賠償請求などが東京地裁で認められなかった東京スター銀行は、東京高 裁に控訴する方向であることを明らかにした。ATM・CDを利用する 顧客の利便性確保のために再接続などを求めて控訴審で戦う。

東京スター銀広報・IR担当の山田小百合氏が明らかにした。東京 スター銀の請求を棄却したこの日の東京地裁(福井章代裁判長)判決に ついて山田氏は「判決は遺憾である」と語った。その上で「判決内容を 十分検討して控訴する方向で検討している」と述べた。請求が認められ なかった詳しい背景などを現在精査中としている。

東京スター銀がATM・CDで他行顧客の手数料無料化を開始した ととで三菱UFJは2008年9月、ATM・CD提携を解約して三菱UF Jのキャッシュカードが東京スター銀のATM・CDで使えなくなっ た。これに対して東京スター銀は1日当たり21万7400円の逸失利益な どの損害賠償や取引再開を求めて同11月に提訴していた。

みずほ銀行や三井住友銀行、ゆうちょ銀行のキャッシュカードは東 京スター銀のATM・CDで利用が可能。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE