コンテンツにスキップする

BMWやクライスラー、最も魅力的な自動車に選出-JDパワー調査

米調査会社JDパワー・アン ド・アソシエーツが実施した最も魅力的な自動車およびブランドに関 する年次調査で、ドイツのBMWと米クライスラー・グループがそれ ぞれ3項目を制覇した。ただ、この中には品質調査で低いスコアしか 獲得できなかった車種も多く含まれる。ホンダの「リッジライン」は 両方の調査で健闘した。

最も魅力的な自動車に関する調査20項目で首位に選ばれたうち の10車種は、新車の品質に関する年次調査で全般的な質が低いと指 摘された。それらには米フォード・モーターの小型車「フィエスタ」 や独ポルシェのSUV(スポーツ型多目的車)「カイエン」が含まれ る。品質調査では、所有開始以降90日間に発生する平均の不具合数 を測る。

JDパワーのバイスプレジデント、デービッド・サージェント氏 は電話インタビューで、魅力度の調査では新しい機能を装備した新型 モデルが高いスコアを獲得しやすいが、「購入当初の品質の観点から すれば、問題を起こしやすいのかもしれない」と指摘。「魅力度と品 質の両者はある程度、互いに足を引っ張るものだ」と述べた。

クライスラーの「ダッジ・チャレンジャー」やフォードの「F 150」も両調査で高評価を得た。

魅力度の調査では自動車を所有またはリースする7万3000人 以上を対象に、自動車のプラスの側面について聞いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE