コンテンツにスキップする

東電:トルコ原発受注活動への参加を見送り―ベトナムは継続

東京電力の松本純一原子力・立地 本部長代理は27日午後の会見で、トルコからの原子力発電所の受注活動 から撤退する方針を明らかにした。松本氏は「電力事業に必要のないも のは打ち切る方針」とし、東芝と共同で進めていた受注計画への参加を 見送る考えを示した。

さらに松本氏は、電力9社や日立、東芝、三菱重工業などが出資す る「国際原子力開発」によるベトナムへの原発輸出については「協力で きる範囲で要請があれば対応したい」と述べたが、具体的な関与につい ては「どういった協力要請があるかわからないので答えられない」と明 言を避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE