コンテンツにスキップする

今日の国内市況:株式は反落・債券上昇、ドル77円台-米債務交渉難航

東京株式相場は、輸送用機器など の輸出関連、海運やガラス・土石製品といった景気敏感業種を中心に 反落。欧米の債務問題を背景に、円相場が1ドル=77円台後半と約4 カ月ぶりの高値をつけたことが嫌気された。政策への不透明感がある 電力株は、業種別下落率でトップ。日経平均は朝方に88円安の1万9 円まで下げたが、心理的節目の1万円は守った。

TOPIXの終値は前日比7.09ポイント(0.8%)安の859.11、 日経平均株価は同50円53銭(0.5%)安の1万47円19銭。東証1部 の売買高は概算で17億216万株、売買代金は1兆1632億円、値下が り銘柄数は1276、値下がり280。業種別33指数は電気・ガス、空運、 証券・商品先物、ガラス・土石製品、建設、海運、輸送用機器など29 業種が下落。食料品、非鉄金属など4業種が高い。

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は26日の講演で、米 国に債務対策で早急に合意しデフォルト(債務不履行)を回避するよ う強く要請。欧州には、債務危機沈静化に向け域内で対策を実践する 圧力は高まっていると警告した。

スペインとイタリアの国債入札では、前回に比べ需要は後退し利 回りは上昇。欧州首脳が新ギリシャ救済策で合意してから初の入札で、 債務危機への懸念がくすぶっている状況を映した。

米国では連邦債務上限を引き上げ、デフォルト(債務不履行)の 回避を図る案をめぐり、民主・共和の両党が対立を続けている。ベイ ナー下院議長が示した2段階での債務上限引き上げ案の下院採決は 28日に延期された。3兆ドルの歳出削減を盛り込んだ同案に対し、オ バマ米政権は拒否権の発動も辞さないと警告している。

26日の米国市場ではS&P500種株価指数が前日比0.4%安の

1331.94と続落。投資家のリスク回避を背景に、きょうの円・ドル相 場は77円台後半で推移した。日米欧が協調介入した3月18日以来の 高値となり、きょうの東京市場では輸出関連株に売りが先行。任天堂 は52週安値を更新し、トヨタ自動車やホンダ、東芝などが売られた。 円・ユーロ相場は夕方、1ユーロ=113円台前半まで円高が進んだ。

債券は上昇-米債高・株安

債券相場は上昇。長期金利は1.075%と1週間ぶりの水準に低下 した。前日の米国債相場が上昇したことに加え、円高・ドル安を嫌気 して国内株式相場が反落したことも買い材料となった。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の315回債利回 りは、前日比1ベーシスポイント(bp)低い1.085%で取引を開始。 午後に2bp低い1.075%と、20日以来の低水準を付けた。中期債もし っかり。5年物の97回債利回りは1bp低い0.37%に低下した。

財務省はあす28日に2年利付国債(8月債)の価格競争入札を実 施する。前日の入札前取引では0.165%程度で推移しており、表面利 率(クーポン)は9カ月連続で0.2%に据え置かれる見通し。発行額 は前回と同じ2兆6000億円程度。

東京先物市場で中心限月9月物は、前日比7銭高の141円62銭で 開始。株安を受けて債券買い優勢となり、午前の終了にかけて20日以 来の高値となる141円71銭を付けた。結局は14銭高の141円69銭で 引けた。

4カ月ぶりドル安・円高-米債務交渉が難航

東京外国為替市場ではドルが対円で約4カ月ぶり安値を更新。米 下院議長の債務上限引き上げ提案の採決が延期されるなど、債務問題 の行き詰まりが嫌気され、ドル売りが優勢となった。

ドルは対円で一時、1ドル=77円61銭まで下落。ドルの戦後最 安値(76円25銭)を記録した3月17日以来の安値を更新した。ドル は対ユーロでも一時、1ユーロ=1.4536ドルを付け、今月5日以来の 安値をつけた。オーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルに対 しては変動相場制移行後の最安値を付けた。

債務上限引き上げと財政赤字削減をめぐる米政府と議会の交渉が 難航するなか、格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S& P)とムーディーズ・インベスターズ・サービスは米国の信用格付け を引き下げる可能性があると指摘している。

野田佳彦財務相は円高進行を受けて「市場を引き続き注視する」 と述べた。ただ、日本銀行の亀崎英敏審議委員が午後、円高が日本経 済に与える影響を見極める上で、現在は「極めて重要な局面」としな がらも、現時点での追加緩和には「特に考えていない」と発言。ドル 売り・円買いに拍車がかかった。

ユーロ・円は1ユーロ=113円台前半から一時、112円28銭まで ユーロ売り・円買いが進行。月末を前に、市場では国内輸出企業の駆 け込み的な円買いを指摘する声が聞かれた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE